Board logo

标题: [新聞] [13/01/2019][mantan-web]いだてん:第2回「坊っちゃん」 綾瀬はるかも登場 [打印本页]

作者: 灰色天空    时间: 2019-1-13 10:27     标题: [13/01/2019][mantan-web]いだてん:第2回「坊っちゃん」 綾瀬はるかも登場

いだてん:第2回「坊っちゃん」 金栗四三の知られざる少年時代と青春の日々… 綾瀬はるかも登場

宮藤官九郎さん脚本のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」の第2回「坊っちゃん」が13日放送される(総合・午後8時ほか)。ドラマの前半の主人公・金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎さん)の物語がスタート。四三の知られざる少年時代と青春の日々が描かれる。四三の幼なじみの春野スヤ役で綾瀬はるかさんが登場する。

この日、テレビ寄席で志ん生(ビートたけしさん)が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三の知られざる熊本での少年時代。学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三だが、軍人に憧れて海軍兵学校を受けるも不合格に。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤに励まされ、嘉納治五郎(役所広司さん)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。

「いだてん」は、日本人が初めて五輪に出場した明治の終わりから、東京に五輪がやってきた1964年までの約半世紀を描くオリジナルストーリー。テーマは「東京とオリンピック」。近現代史の大河ドラマは、1986年の「いのち」以来33年ぶり。阿部サダヲさんが東京オリンピック実現に執念を燃やす政治記者・田畑政治(たばた・まさじ)を演じ、四三とのリレー形式で主演のバトンをつなぐ。

第1回「夜明け前」は1959年、五輪招致目前の東京が舞台。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本の五輪初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者・嘉納治五郎はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた……という展開だった。

https://mantan-web.jp/article/20190112dog00m200018000c.html




===

「いだてん」第2回、綾瀬はるかも登場!四三の少年時代!

先週初回を迎え、劇中に登場する「天狗倶楽部」などが話題となったNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜20時~)の第2回が、今夜放送される。この回から登場するキャストやストーリーの概要など見どころを紹介する。

第2回「坊っちゃん」では、主人公の一人で日本初のオリンピック選手となった金栗四三(中村勘九郎)の熊本での少年時代が描かれる。走る才能に恵まれた四三はどんな環境でどのように育ったのか? 新たに登場するキャストは、四三の兄・実次役の中村獅童や、四三の幼なじみで妻・春野スヤ役の綾瀬はるかなど。実次は、病弱な父親に代わり子どもの頃から金栗家を支えてきた大黒柱で、弟思いの兄。スヤは、持ち前のしなやかさと明るさで四三を励まし、支え続けるという役どころだ。

中村は出演が発表された際、「ある種、兄弟のように育ってきた中村勘九郎さんの兄役」や、魅力的な俳優陣との共演に、「胸が高まるばかり」「心を込めて大切につとめさせていただきます」と抱負を語っていた。

そして、撮影前にスヤのモデルとなる女性の娘さんに会ったという綾瀬。劇中で歌も披露するが、「基本的にかわいい」という熊本弁のイントネーションに難しさを感じているようで「先生に細かく教えてもらいながら何とかやらせていただいています」と明かしている。

日本で初めてオリンピックに参加した男・金栗四三と、日本にオリンピックを招致した男・田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、知られざるオリンピックの歴史を描く本ドラマ。「あまちゃん」などの宮藤官九郎によるオリジナル脚本で、初回からテンポ感などが好評を博した。いよいよ細部へと展開していく今後の物語も楽しみでならない。(編集部・小松芙未)

https://www.cinematoday.jp/news/N0106033


作者: j040206655    时间: 2019-1-13 12:58

沒想到小遙姐姐第二集才出現!




欢迎光临 遙.園 ★ Ayase Paradise (http://ayase-paradise.com/bbs/) Powered by Discuz! 7.2