返回列表 发帖

[其他消息] [26/12/2018][Panasonic]綾瀬さんがオリンピアンと馬場馬術に挑戦

群馬県、綾瀬さんがオリンピアンと馬場馬術に挑戦!

2018年12月はじめ、綾瀬はるかさんは、群馬県渋川市伊香保町に足を運びました。向かった先は、有名な伊香保温泉に程近い乗馬クラブ「伊香保バーデンファーム」。そこで待っていたのは、2016年に続き、オリンピック出場を目指す馬場馬術選手・高橋正直(たかはし・まさなお)さんです。今回、綾瀬さんは、オリンピアンである高橋さんと一緒に馬場馬術に挑戦します。

馬場馬術(ばばばじゅつ)とは

馬術競技の1つ。馬のフィギュアスケートとも呼ばれ、馬をいかに正確に、美しく演技させることができるかを競う競技。斜めに動いたり、スキップのような動きをしたりと、普段見ることのできない馬の動きが特徴的です。

初めての馬場馬術に感心

綾瀬さんの目に飛び込んできたのは、高橋さんの愛馬ファブリアーノ。このファブリアーノ、数々の世界大会に出場した実績を誇る「グランプリ馬」。グランプリ馬にしかできない技もあるということで、実際に演技を見せてもらいます。まずは、駈歩(かけあし)をしながら、前肢(まえあし)の左右が二歩ごとに入れかわる「二歩毎(にほごと)」。さらに、一歩ごとにかわる「歩毎(ほごと)」も披露。

続いて見せてくれたのは、「ピルーエット(後肢旋回)」です。後肢(うしろあし)を軸にして、その場で360度旋回します。「フィギュアスケートのスピンをするような感じです」と高橋さん。その正確なコントロールに、綾瀬さんも目を見張ります。さらに、その場でリズムよく足踏みをするような「ピアッフェ」。難易度が高く、高橋さんも、「がまん強い馬でないとかなりきつく、体力的にも大変」だと説明します。馬は基本的に前に行こうとするので、それをその場にとどまらせるのが難しいとのこと。「(馬の)肢を見ていると高度なテクニックなのがわかります」と、綾瀬さんも感心していました。

綾瀬さん 馬のお手入れで三つ編みに奮闘!

馬場馬術を見学したあとは、綾瀬さんの体験スタートです。最初は馬のお手入れから。馬場の脇にある厩舎で綾瀬さんを待っていたのは、牡馬のビバルディ。今回、綾瀬さんが乗る馬でもあります。まずは、ビバルディのたてがみを三つ編みにします。競技中に首の筋肉の動きがきれいに見えるように、たてがみを三つ編みにするそうです。高橋さんから説明を受けてから、ビバルディのたてがみを編んでいく綾瀬さん。悪戦苦闘していると、高橋さんから、「最初に強く編めば大丈夫」とアドバイスが。だんだんと要領をつかんで、編み進めていきます。「おー、できた!」 無事に編み終わり、高橋さんからOKが出ると、綾瀬さんも満足そうな笑顔に。

続いて、ブラッシングです。綾瀬さんは、高橋さんの指導のもと、首の方から上から下へ、前から後ろへと丁寧にブラッシングしていきます。「よしよし」と、綾瀬さんが語りかけながらブラッシングすると、ビバルディも気持ちよさそう。「マッサージ効果もあるんですよ」と高橋さん。このあとは、馬具をつけて、いよいよ綾瀬さんがビバルディと馬場馬術に挑戦します。

いざ、馬場馬術に挑戦!

ヘルメットをかぶり、綾瀬さんもスタンバイOK。高橋さんに連れられてビバルディも馬場の中へ。

ビバルディに乗った綾瀬さんが挑戦するのは、「斜め横歩(ななめよこあし)」です。馬体はまっすぐ正面に向いた状態で、斜めに移動するもの。今回は、右から左への移動に挑戦します!高橋さんは綾瀬さんに、「手は動かさずに、右脚だけ斜めに強く押していくんです」とアドバイス。果たして、うまくできるのでしょうか。

高橋さんに先導され、ゆっくりと歩きだすビバルディ。綾瀬さんの表情も真剣。いざ左斜め横歩に入ろうと右脚に力を入れる綾瀬さんですが、少し安定しません。「もっと右(に力を入れて)」と高橋さんが指示を出しますが、綾瀬さんの身体が右に傾いてしまいます。「人間はまっすぐに」と、高橋さんからのアドバイスを受けて再び挑戦。右脚にグッと力を入れると、「ワー(脚が)つりそう!」と綾瀬さん。綾瀬さんの懸命な右脚の力をしっかりと感じたビバルディは、美しく斜め左に歩みを進めていきます。「よーし!」 見事に左斜め横歩を決めた綾瀬さんに、「OK!」と高橋さんもお墨付きをくれました。

大舞台への出場のその先に高橋さんが目指すこと

馬場馬術の挑戦を終えた綾瀬さんは、高橋さんに競技のこと、馬たちと関係などについて話をうかがいました。「馬場馬術の魅力を教えてください」 綾瀬さんの質問に高橋さんは、次のように話してくれました。「なるべく小さな力で自由自在に動かす。そこがやっぱり馬場馬術の魅力です」

高度な技術が求められる馬場馬術では、グランプリクラスの馬になるまで調教に8年から10年かかるそうです。「(そこまで達するには)馬との根競べになりますね」と高橋さん。綾瀬さんは「高橋さんにとって、どんな存在ですか?」と疑問をぶつけます。「一緒に戦うパートナーでもあるし、引退した馬たちは自分の子どもみたいにかわいがっています」と高橋さん。

「東京2020オリンピックに向けて、思うことはありますか?」 という綾瀬さんの質問に、「もう東京に向けて走り出している」と高橋さんは言います。「東京2020オリンピックだけでなく、やはり一つひとつの試合を大事にして、課題をクリアしていきたいですね」。

最後に、綾瀬さんは高橋さんの夢を聞きました。「(2020年のような)大舞台に出ることも夢ですが、ヨーロッパの馬術のシステムを日本でも同じようにつくっていきたいと思っています」。綾瀬さんは、日本で馬場馬術と馬たちの未来をつくっていこうとする高橋さんの言葉に興味深く耳を傾けていました。

https://panasonic.jp/bj2020/gunma/post-002.html










有了你世界神魂顛倒 你的微笑 編織了每一個奇妙


小遙姐姐在馬背上的樣子一定很帥!
希望有一天能和小遙姐姐拍照握手加簽名

TOP

返回列表